動物園の鳥/坂木司


動物園の鳥 (創元推理文庫)
東京創元社
坂木 司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 動物園の鳥 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:265P
発売日:2006年10月

春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。
僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの
高田安次朗さんだ。
高田さんが働く動物園で、野良猫の虐待事件が頻発しているという。
動物園で鳥井が掴んだ真実は、自身がひきこもりとなった出来事と
どうつながるのか―。
鳥井は外の世界に飛び立てるのか。
-------------------------------
シリーズ完結編

動物園で野良猫の虐待事件が頻発しているという。
鳥井と坂木が動物園に向かうのだが、猫の虐待以外にも
問題を抱えている人がいて、更には、鳥井のひきこもりの
原因まで現れる。
動物園関係者も、引きこもりの原因の奴も
読みながら、こういう奴、いる!!と思ってしまった。

同じ言葉を話してるのに、言葉が通じない。
さもご立派な事を言ってそうで、当たり前のことしか言ってない。
こういう輩には近寄らないのが唯一の防御策。
だけど、そういう輩に限ってすり寄ってくる。悪夢だ!

今回も、新しい出会いがあるのだけれど
新しい輪の中から新しい繋がりが生まれたりして
こっちが嬉しくなってみたり。
鳥井のひきこもりの原因の奴に対して、坂木の反撃が素晴らしい。
このシリーズは鳥井に感情移入して読んでいたんだけど
坂木も傷ついていたんですね。
わかってはいたけれど、何もしなかったことに対して
自分を責めて傷ついて・・・
だからこその絶妙コンビだったのですね

最後はもう、泣きそうになりました。
電車の中だったので我慢しました。
涙を堪えると鼻水が出ます。
予防でマスクをしていたので、大丈夫だったけど・・・

二人の関係が途切れることを危惧していたけれど
卒業って、必ずしも別れに繋がるわけじゃないのねぇ
新しい関係を繋ぎなおすというか、築いていく。
なんとも優しい感動でした。

終わりたくないから始めないって考えを改めて反省しました。

★★★★

仔羊の巣/坂木司


仔羊の巣 (創元推理文庫)
東京創元社
坂木 司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仔羊の巣 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:318p
発売日:2006年06月

自称ひきこもりの友人、鳥井真一が風邪で寝こんでいたある日、
僕、坂木司は同僚から、同期の女性の様子がおかしいと相談を受ける。
慣れない探偵役をつとめた僕が導き出した解答は…。
また、木村栄三郎さんのもとで出会った男性と地下鉄の駅で
見掛けた少年の悩み、そして僕自身に降りかかる悪意の連続、
それらの真実を鳥井はどう解明するのか。
--------------------------
ひきこもり探偵シリーズ第2弾。

前作に続いて、引きこもりの鳥井と、鳥井を外の世界に
連れ出そうとしながらも、それを恐れるお人よしの坂木が
これまた問題を抱えている他人と出会うことで
小さな事件に巻き込まれ、謎を解決しながら1つまた
1つと繋がりが増えていくというお話。

器用なんだか不器用なんだかわからない。
鋭いのか鈍いのかもわからない。
坂木は鳥井をうまく飼いならし、鳥井は坂木信者である。
この特殊な繋がりで結ばれた二人が、どんな成長をみせるのか。

本当にこのシリーズは読みやすいから、すぐ読めちゃう。
感想が間に合わない(^◇^;)
今回も予想外のところでの繋がりが明らかになる。
人の縁って、面白いなぁ~

ただ、気になったのは巻末の有栖氏の解説。
鳥井が好きになれないらしい。
まぁ~普通に考えたら、どうなの?って性格だよね?
人当たりとか、目上の人に対しての態度とか・・・
ストーリーに気を取られて気付かなかった
っていうか、鳥井養護派になってたからねぇ~

終わらない関係というか、終わらないで欲しい関係というか
そういうことばっかり考えて読んでました。
だからと言って、鳥井を嫌いになるわけでもなく
有栖氏と同じようなことを思ってる人も
いるんだろうなぁ~と思ってみたり。
まぁ~そこは人それぞれなんだろうけど
3部作ということだから、どういう決着をつけるのか
楽しみに続きを読みます。

★★★★

青空の卵/坂木司


青空の卵 (創元推理文庫)
東京創元社
坂木 司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 青空の卵 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:347p
発売日:2002年05月

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。
自称ひきこもりの鳥井真一だ。
複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、
僕は日夜頑張っている。
料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。
鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。
謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた
感動の著者デビュー作。
------------------------------
ひきこもり探偵シリーズ:第1弾

初めましての作家さん。
ブロ友さんたちの評価が高くて、速攻で買ったんだけど
ずっと積んでました(^◇^;)
何故積んでいたんだぁ~って感じですよ!
これは好きです。大好きです。

日常系の謎ではあるけれど、ミステリというよりは
二人の成長?に、日常系の謎が絡んできて
その謎に関わっている他人だった人達との
新しい繋がりのお話でもある。

メインキャラはヒッキーの鳥井真一と、基本いい人の坂木司。
複雑な生い立ちとイジメで心を閉ざしていた鳥井に
坂木が手を差し伸べたというか、元々鳥井のような
一匹狼的な人にあこがれていた坂木が、弱っている鳥井に
つけこむように友達になる。
言い方は悪いけれど、形はどうあれ、それで二人の繋がりが
成り立っているのであれば、それはそれでいいのだ。
バランスが保てていればいいのである。

人が苦手で人の目が怖い。だからこそ、よく見ている。
鳥井の観察眼の鋭さは、こういうことなんだろう。
普段は他人に対して横柄な彼も、坂木に何かあると
パニックを起こして子供化する。
鳥井にとって、やっと手に入れた繋がり。
誰より何より坂木が大事。
依存とはちょっと違う二人の関係。

坂木も、そんな鳥井を外の世界に連れ出そうとしているが
鳥井が独り立ちするのを恐れてもいる。
矛盾した気持ち。

でも、そんな気持ちはよくわかる。
卒業生の気分というのかな?
あと半年で卒業という時期になると、仲のいい友達や
仲間との繋がりが途切れるかもしれないと不安になる。
新しい出会いもあるだろうけど、今の繋がりが一生続くなんて
ないんだという諦めにも似た寂しさに襲われる。

だから、絶対に自分から離れないだろうという鳥井の為に
仕事を選び、その存在が坂木をますますいい人にして
安定をもたらしているのではないかと
勝手に想像してみたり。

そこに問題を抱えた他人による小さな事件に巻き込まれ
そこから新しい繋がりが生まれていく。
なんとも羨ましい関係にワクワクします。
早速続きを読みますо(ж>▽<)y ☆

★★★★

とくさ/福島サトル


とくさ (角川ホラー文庫)
角川書店
福島 サトル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by とくさ (角川ホラー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:335p
発売日:2004年11月

新聞記者を辞めた「私」は、御溝と名乗る琦妙な男から
秘薬ニスイについて執筆を依頼されるが、
取材相手の死など不吉な体験をする。
実は、御溝は死者の言葉を呼び返そうとしていたのだ。
庭を覆い隠す木賊のように「私」の不安は増殖してゆく。
言葉の呪術的な力を駆使した「とくさ」
(第十一回日本ホラー小説大賞短編賞佳作)他、
新感覚ホラー四篇。
-------------------------
初めましての作家さん。

Mirokuさんのレビューを読んで、購入。
しかし、まずった・・・
コメントの返事を読まずに購入してしまった。
後悔しても遅い。だから積んでいた。
たまたま、幻想怪琦系が続いていたから勢いで読んでみた。
が、またもシャキっとしない作品に当たってしまった。
やっぱり・・・ε-(ーдー)ハァ

まいったなぁ~
ホラーといえば、ホラーなんだろうけど
抜け出せない悪夢を続けて見てるみたいな
そういう意味では怖いんだろうけど
ものすごくわかり難い

後からなんでそうなったのかって説明はある。
あるんだけど、その過程にする意味がわからん。
何かをにおわせたいんだろうけど
そこがずれている。
ゾワリとしない。

うあぁ~なんか嫌だぁ~って感じ。
そういう悪夢的な本は嫌だなぁ~
夢だけで勘弁してくださいって感じ。

文章も合わなかった。
入り込めない。
とにかく眠くなる。
脳みそが拒否してるんだなぁ~
つり革掴んで本を読みながら寝ちゃって
初めてガクっとなってビビった。
それくらい合わなかった(^◇^;)

目的というか、執念というか・・・
それでいて姑息で、なんというかやはり合わない。

レビューを参考に本を購入するときは、
コメントの返事を確認してからにします。
Mirokuさんの評価は信頼してますので(^◇^;)
いやぁ~参った参った(; ̄ー ̄川 アセアセ

★★+

裏庭/梨木 香歩


裏庭 (新潮文庫)
新潮社
梨木 香歩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裏庭 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:412p
発売日:2001年01月

昔、英国人一家の別荘だった、今では荒れ放題の洋館。
高い塀で囲まれた洋館の庭は、近所の子供たちにとって
絶好の遊び場だ。
その庭に、苦すぎる想い出があり、塀の穴を
くぐらなくなって久しい少女、照美は、ある出来事が
きっかけとなって、洋館の秘密の「裏庭」へと入りこみ、
声を聞いた―
教えよう、君に、と。
少女の孤独な魂は、こうして冒険の旅に出た。
少女自身に出会う旅に。
---------------------------
久しぶりの梨木作品
読後、必ず心に残るものがあるので大好き。
人と人との繋がりや、見過ごしがちな些細だけど大切なことを
いつも教えてくれる。

今回は、主人公である照美と両親と、その母親(照美の祖母)と
更には帰国していた英国人一家の姉妹が、裏庭を通して
それぞれが気付かないふりを通すことでやり過ごしていた心の傷を
照美は冒険を通して、両親は照美がいなくなった事で
また、英国人一家の姉妹も、妹の死の後、目を瞑っていた事を
初めて向き合い成長するというお話でした。

ただ、冒険の旅の描写が淡々と描かれていて
それぞれの出来事や登場人物や、その役割など
後から思うと、そういうことかと振り返る感じで
いわゆる冒険をしているという壮大さに
欠ける気がしました。
感動がないわけではないんですよ。
銀の腕のところは、鳥肌立ちましたもの。

決してけなしているわけではなくて
壮大なファンタジーを期待しすぎてしまったので
ちょっと味気なく感じてしまったのですよ。
それぞれの出来事に意味があって、最後には感動が待っている。
傷の見せ方なんかも、なるほど考えてるなぁ~と
感心してしまったけれど、冒険の最中に、そういうことを
思ってしまう(物語の世界から自分が離脱してしまう)のが
アタシ的にのめりこめなかった要因だったのかも・・・

梨木さんの作品には、淡々としていながらも
その世界観や考え方に魅せられるのがたまらなくて
表面的にきれいなだけじゃない部分すらも
浮き上がらせて納得してしまう自分を発見するっていう
楽しみもあったりしたので、なんというか
特に冒険部分の背景が大きそうな割には
進むのが早過ぎて、想像が追い付かないというか
消化しきれないうちにいきなりクライマックスって感じで
置いてきぼり感が大きかった。

家守琦譚的な許容できる範囲の不思議を
求めていたからかもしれない。
だから、期待が大きすぎたので、ちょっと物足りなかったのが
とっても残念でした。

★★★