少年アリス


少年アリス (河出文庫)
河出書房新社
長野 まゆみ

ユーザレビュー:
メルヘンっていいなぁ ...
やっぱり違う。そして ...
装丁からして長野さん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


デビュー作にして、第25回文藝賞受賞作。
アリス(男の子)は友達の蜜蜂と、その愛犬耳丸と
夜の学校に忍び込む。
理科室で行われていた不思議な授業とは・・・
夜の学校に現れた迷いの園、中庭の噴水で
季節がすれ違う時、秋の使者が運んできた。
群青天鵞絨色のメルヘン。
-------------------
最初は不思議の国のアリス関連の話しかと思ったのですが
全然違いました。
アリスは、兄さんから借りた色鉛筆を取りに行くという
蜜蜂と愛犬耳丸と共に夜の学校に忍び込みます。
中味をくり貫いた烏瓜に螢星を入れたものを灯りにして
理科室探検に向かいます。
そこで二人が見たものとは?

夜の理科室とか輝く鉱石や星、卵とか鳥とか人形、
主人公のネーミングも何故かワクワクしてしまいます。
夜の学校や理科室を怖い場所ではなく、ワクワクする何かが
待っている場所として描けるのは長野さんくらいなのでは?

夜空に輝く星作りに参加してみたくなります。
甘すぎないファンタジー。
大人の人に読んで欲しいファンタジーです。

改造版 少年アリスが出てるので、そっちも読んでみたいです。

★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック