キマイラ・吼(こう)シリーズ


キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)
朝日新聞出版
夢枕 獏

ユーザレビュー:
魂、半分持って行かれ ...
え==前に出た でか ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



キマイラシリーズ・・・
20年以上前に書きだした作品で、未だに続いています。
小田原の西城学院に入学した大鳳吼(おおとり こう)は
登校初日に久鬼 麗一(くき れいいち)と出会う。
類稀な美貌を持つ二人は体内に幻獣キマイラを潜ませていた。

九十九三蔵に誘われ円空山の真壁雲斎の元で円空拳を学ぶ大鳳。
各界に権力を握る父を持つ久鬼と行動を共にする由魅。
久鬼がキマイラに変貌し、大鳳と向かい合った直後、
久鬼、由魅、大鳳は学園から姿を消す。
何かを隠している久鬼の父・玄造と、何かに気づき台湾に向かう真壁雲斎
キマイラとは、いったい何なのか・・・

①幻獣少年キマイラ 1982/07   ②キマイラ朧変 1982/12
③キマイラ餓狼変 1983/09    ④キマイラ魔王変 1984/07
⑤キマイラ菩薩変 1984/10    ⑥キマイラ如来変 1985/10
⑦キマイラ涅槃変 1986/09    ⑧キマイラ鳳凰変 1987/07
⑨キマイラ狂仏変 1988/12    ⑩キマイラ独覚変 1989/12
⑪キマイラ胎蔵変 1991/03    ⑫キマイラ金剛変 1992/03
⑬キマイラ梵天変 1994/03    ⑭キマイラ縁生変 1998/03
⑮キマイラ群狼変 2000/02    ⑯キマイラ昇月変 2002/03

著者自らが「これは、おもしろい」と言うだけあって、確かにおもしろい。
わくわくと先を急ぎながら16巻を読み終えてしまった。
久鬼玄造の口から、キマイラに関わる事となった経緯が語られるのだが
それが長いのである。

玄造の話の途中で賊が侵入する。16巻はそこで終わっている。
久鬼と大鳳の行く末を気にかけながら読みつづけていくのはつらい。
しかも、最新刊を読み終えてしまった。
彼らに再び出会えるのは、いつのことになるのやら・・・
獏さん!!早く続きを書いてください(^∧^)
☆☆☆☆☆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック