歓喜月の孔雀舞/夢枕獏

画像

この街でなら、どのような奇跡があろうとも
不思議はないような気がした。
形見の“螺旋”—アンモナイトの化石を手に、
異国の地で死別した女の故郷を訪ねる男。
魂月法とはいったい何か?
表題作ほか、全七篇を収録。
傑作幻想ホラー小説集。
------------------

表題作の他に、「ころぽっくりの鬼」「微笑」「優しい針」
「蛇淫」「髑髏盃(カパーラ)」「檜垣-闇法師-」を収録。

20~30ページの短いものも含まれていますが
妖しく、恐ろしく、時にグロくて、残酷で、淫靡で、不思議で
幻想的で、雅で、神秘で、美しく、そして悲しい・・・
アタシのツボが全て揃っているではないですかぁ~(〃▽〃)ポッ♪

遠野が出てきましたよ。
ヒマラヤと遠野の山に共通点があったとは・・・
ネパールの祭りと呪詛と遠野の呪詛・・・
もう何があってもおかしくないって感じです。

『呪』をどう表現するか・・・
書き手によって随分とその見え方は違うものだ。
京極堂の「呪」も好きだけど獏さんの「呪」は
色気があって良いなぁ~

そして螺旋が欲しい!
鉱石初心者ではあるけれど、ちょっと気になっていた螺旋。
アンモナイト・・・
オパール化したアンモナイトがあるのよねぇ~
困った!すんごく欲しくなった・・・

そして・・・そして・・・

よりによって、あとがきに「キマイラ」の文字を発見してしまった。
ゴツンとした手ごたえと、全貌が見えたと書いてあった。

しかも、月と螺旋の物語3つをやっつけたばかりだそうで
1つが、本書「歓喜月の孔雀舞」で、残り2つが
『月の呼ばれて海より如来る』『上弦の月を喰べる獅子』だそうだ。

ってことは、いよいよ続きが読めるのか?と胸をトキめかせた。
しかし・・・「初刊本あとがき」だった・・・
昭和62年9月28日 敦煌にて・・・と書いてあった
(||||▽ ̄)( ̄□ ̄|||)

その後に書いたのが「キマイラ昇月変」なのね・・・
その5年後に「キマイラ青竜変」が出て、止まっているのね・・・
ちょっとでも期待したアタシがバカだったぁ~(/□≦、)
☆☆☆☆


歓喜月の孔雀舞(パヴアーヌ) (徳間文庫)
徳間書店
夢枕 獏

ユーザレビュー:
エロティックな幻想ホ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック