古書店アゼリアの死体/若竹七海


古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)
光文社
若竹 七海

ユーザレビュー:
伏線の回収が見事Co ...
キャラにほれました。 ...
やっぱり面白い!面白 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



勤め先は倒産、泊まったホテルは火事、
怪しげな新興宗教には追いかけられ…。
不幸のどん底にいた相沢真琴は、葉崎市の海岸で
溺死体に出会ってしまう。
運良く古書店アゼリアの店番にありついた真琴だが、
そこにも新たな死体が!
事件の陰には、葉崎市の名門・前田家にまつわる
秘密があった…。
笑いと驚きいっぱいのコージー・ミステリの大傑作
---------------

たて続けに悲惨な目にあった相沢真琴は、
長年の夢「海に向かってバカヤローと叫ぶ為」に
葉崎市の海岸に行き着いた。
さすがに海だけは、叫んだくらいで仕返しはしないだろう・・・
しかし、叫んだ直後に波に押し出されてきたのは
死体だった・・・

とことん災難続きの真琴と、疑いの目を向ける若手刑事
警察の事情聴取に腹を立てながらも、ホテルに足止めされ
フロントから紹介された古書店「アゼリア」を覗くと
70代の店主:前田紅子からマニアックなロマンス小説の
クイズを出された。
雑誌の編集で、ロマンス小説の企画をしたこともあり
真琴は店主のテスト?に合格してしまった。
紅子の留守中(入院中)、店を預かることになったのだ。

一方、真琴が発見した死体が葉崎市の名門・前田家の
家出して消息不明になっている息子らしいことがわかり
遺体確認の為に呼ばれた叔母でFM葉崎の社長の前田満知子は
ほとんど顔を合わせた事もないのに、間違いなく甥だという。

そして、確認に一番適している紅子は入院中で
心臓にさわるから、教えないようにと釘を刺す。

FM葉崎のDJ兼制作の千秋と偶然出会った真琴は、
お家騒動絡み?の事件に巻き込まれ、更に新たな死体が・・・

いやぁ~楽しかったぁ~
何が好きって、紅子さんが好き。
森博嗣のVシリーズに出てくる瀬在丸紅子を思い出したわ(^◇^;)
紅子って名前は似た様なイメージなのかしら?

軽快な会話も楽しいけど、ハラハラドキドキさせられるし
事件は一応解決するんだけど、安堵したと思ったら、
最後に2回もどんでん返しが待っている。
そのどんでん返しがゾッとするのよ。

ロマンス小説好きには、色んな作品の紹介が
文中に出てくるから、楽しいと思います。

最後に、文中に出てきたロマンス小説の解説を
紅子さんがしてくれてます。
物好きな読者が「血の色のアゼリア」を
探し回ったりすると気の毒だからだそうです(○ ̄m ̄)

コージーミステリを検索したところ(ウィキ)
女性を読者対象としたコメディタッチの推理小説らしい。
こういうの、好きかもぉ~
本作は本当に面白かったので、別の作品も読んでみよう♪
☆☆☆☆

この記事へのコメント

myu_nyan
2009年06月22日 23:50
しっかり読んだわけじゃないけど、誤字発見(笑)
> 溺死体に出合ってしまう。
出会ってしまう。
が正解かと(笑)
仕事に全く関係ないしょうもない資格を持つとしっかり見えて来るんだにゃ(笑)
2009年06月23日 08:24
指摘された部分は、ネットでの解説部分をコピペしたものです。
出版社側の説明が、そのまま引用されているので
amazonも7&Yも全て同じ文になってます。

溺死体の場合、人ではないという解釈で
「出合い」でいいんじゃないの?
まぁ~死体を人と認識するかしないかは
別の問題になってくると思うけど・・・

この記事へのトラックバック