Stanza ignota

アクセスカウンタ

zoom RSS 丕緒の鳥 十二国記/小野不由美

<<   作成日時 : 2013/09/08 19:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)
新潮社
2013-06-26
小野 不由美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「絶望」から「希望」を信じた男がいた。
慶国に新王が登極した。
即位の礼で行われる「大射( たいしゃ)」とは、
鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。
陶工である丕緒(ひしょ)は、国の理想を表す任の重さに苦慮する。
希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか──
表題作「丕緒の鳥」ほか、己の役割を全うすべく、走り煩悶する、
名も無き男たちの清廉なる生き様を描く短編4編を収録。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
yomyomで既出の「丕緒の鳥」、「落照の獄」と
書きおろし「青条の蘭」、「風信」の4編を収録。

「丕緒の鳥」と「落照の獄」はyomyomで読んでいた。
基本、一度読んだものは読まない。
しかし、これは読むでしょう(^◇^;)
読み始めは、いつものごとく漢字になれるのに苦労したけど
慣れてきたら大丈夫。
本編の王と麒麟の話とは違って、雲の下で働く人や民の話です。

十二国記って、実に細部まで世界観がしっかりしている。
本作では、更に細かいところまで掘り下げてます。
暦とか、動物や植物の繁殖とか・・・
そして、こんな時代だからこそ書かれた話のような気もします。
希望を持ちながら奔走する者たちと、私利私欲に走り
民から希望を取り上げる役人達。
そんな役人達の話を読むと、どっかで聞いたなぁ〜と
思ってみたり( ´,_ゝ`)クックック・・・


「丕緒の鳥」
陽子が登極して間もなくの話。
慶の即位式の儀礼に関わることになった官吏の丕緒(ひしょ)は、
王に思いが伝わらなかった事を憂えていた。
思いが拒絶され、その虚しさから仕事と向き合うのをやめて久しい。
しかし「大射( たいしゃ)」の儀は近づいてくる。
丕緒は、どんな思いを鳥に託すのか。
そして、その思いは王に通じるのか・・・

大丈夫。だって陽子だもん!
前に読んだときも、儀式の描写の美しさに鳥肌総立ちだったけど
再度読んでも、やはり鳥肌立ったぁ〜
前の感想は→こちら

「落照の獄」
柳での話。3年前に読んだんですねぇ
23人もの人を残虐に殺すという事件が起こった。
司法をつかさどる官の瑛庚は、凶悪な殺人犯の処遇に頭を悩ませていた。

この感想は→こちら

「青条の蘭」
傾いた国で起きた山林の変化。木が石化する疫病が広がっていた。
下級官吏の標仲は、友人の包荒らと数年かけて特効薬を探し出す。
王が即位し、希望を持ったものの、広がり続ける疫病。
早急に特効薬を新王に届けないと間に合わない。
しかし、腐敗した国では、薬を届けるすべがない。
標仲は王に薬を届ける事ができるのか?

これは・・・泣ける。感動し過ぎて泣ける。
他の話では、どこの国の話なのかはわかるんだけど
この話だけは途中まで全くわからない。
そして玄英宮という名が出てきて、ようやく国がわかる。
久しぶりに読むから、宮殿の名前を調べちゃいましたよぉ〜
それで、いつの頃の話だ?地官遂人・・・
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
これは結末は描かれていないけど、たぶん誰もが思った。
(゚-゚*)(。。*)ウンウン大丈夫だ!ってね♪


「風信」
国の末期。家族を失い、村をも追われた蓮花。
行きついた先で春官の下働きをするようになるのだが
そこに住まう春官達は奇妙で浮世離れしている。
というか現実に起こっている混乱や災害に目を向けない。
ただひたすらに暦を作り続ける官吏の姿に、蓮花は憤りを覚える。
この国に希望はあるのか?

「私たちには、他にできることがないんです」
これはもっともな話。
浮世離れしている彼らにできる事は、自分の仕事をすること。
下手に手を出されるよりはマシなのです。
そういうこと、忘れてたりするからねぇ〜
でも大丈夫。陽子が来てるから。
きっと誰もがそう思ったよね。
あの希望の表現の仕方が、物凄くいいなぁ〜(*´◇`*)

短編集ではあったけど、たっぷりと考えさせられ
そして感動しました。

ここんとこ立て続けに再販やら新刊をだしてくれて
嬉しい悲鳴なのですが、今度は本編の方を是非に!(-人-;)
泰麒と驍宗の事が気になって気になって・・・

★★★★+

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
丕緒の鳥 十二国記/小野不由美 Stanza ignota/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる