探偵・日暮旅人の失くし物/山口幸三郎


探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2011-01-25
山口 幸三郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


探偵・日暮旅人には不思議な力がある。
音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み―。
これら目に見えないモノを、“視る”ことができるのだ。
その力を使い、旅人は『探し物探偵事務所』を営んでいる。
そんな特異体質を持つ旅人のことが気になる保育士の
山川陽子は、旅人と彼の娘・百代灯衣の生活をサポートしようと、
相変わらず探偵事務所に通う日々を送っていた。
そんな時、旅人のもとに、ある料理の“隠し味”を
探してほしいという依頼が舞い込んで―?
------------------------
探偵・日暮旅人シリーズ第2弾。
「老舗の味」「死体の行方」「母の顔」「罪の匂い」の4編を収録。
前作が主要登場人物の紹介のような感じだったので
先に前作を読んでおく事をお勧めします。

「老舗の味」では、料理の隠し味を探して欲しいという依頼。
複雑な背景があるとしても、解決後に見えた依頼人の愛情に
あぁ~・・・そういう解決もあるんだなぁ~と心洗われる思いでした。

「死体の行方」では、旅人が犯罪に巻き込まれます。
というか、依頼人が犯罪者?犯罪者に拉致された?
旅人の仕事は相手が犯罪者だろうと関係ないんだよね・・・
普段の優しい雰囲気の旅人とは別人のようだから
この割り切り方が怖いというか、疑問だった。

「母の顔」は、シングルマザーと娘の話。
珍しく灯衣ちゃんを迎えに行った旅人。
そこでは娘がいないと、わめき散らす母親の姿が。
ところが灯衣ちゃんも姿が見えなくなっていて・・・
オマセでシッカリ者の灯衣ちゃんが見せた弱さと
哀しそうな旅人。あぁ~灯衣ちゃんの過去も気になる。

「罪の匂い」では、陽子の友人が行方不明に。
どうやら事件に巻き込まれたらしい。
急を要するということで動き出したユキジと旅人。
そんな旅人に異変が。
いつも一緒にいるユキジでさえもゾッとするほどに・・・


前作を読んで疑問に思ったことがいくつかあった。
旅人は何故、視覚以外を失くしたのか・・・
本作には、その原因が書かれています。
あんな事のできる人間がいるなんて信じられない。

ある意味、本を読んでいると、殺人事件や猟奇事件などの
描写にある程度慣れてきます。
けれど、たぶん今まで読んだどんな本よりも残酷で恐ろしい。
それを受けたのが5歳の子供だってことが恐ろしい。

そして、旅人は探し続けてきたものを見つけます。
その背景には更に大きな事件のニオイが・・・
旅人だけでなく、ユキジも灯衣ちゃんも過去に何かある。
早く知りたいから続きを読みます!

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック