探偵・日暮旅人の忘れ物/山口幸三郎


探偵・日暮旅人の忘れ物 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2011-07-23
山口 幸三郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 探偵・日暮旅人の忘れ物 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発行年月:2011年07月
サ イ ズ:287P 15cm

音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み?。
目に見えないモノを“視る”ことができる探偵・日暮旅人は、
名字の違う美しい娘・百代灯衣と共に暮らしながら、
探し物専門の探偵事務所を営んでいる。
そんな旅人を『アニキ』と慕う青年ユキジは、旅人の“過去”を探していた。
なぜ旅人は視覚以外の感覚を失ってしまったのか?。
旅人とユキジの出会いを描く『雪の道』、
旅人の秘められた過去に迫る『夢のぬくもり』他、全5編を収録
---------------------------
シリーズ第3弾

前作で、旅人が視覚以外を失う原因を含めた過去や
雪路も関わっていたとみられるドラッグ絡みの過去の事件が
少しだけ描かれた。
いいところで「つづく」・・・と言われた感じで
リアルタイムで読んでなくてよかったと思いましたよ。
続きを気にして待つなんて、本当に辛いですからねぇ

「隣の静寂」
ストリートミュージシャンの哲は、一人の女性との出会いで
愛を歌い、やがてプロになると同時に落ちぶれて・・・

「森の調べ」
隣の静寂で使われた店のマスターが主人公のお話。
昭和30年代頃のマスターと仲間達のお話。

「爆弾魔の憂鬱」
海外でも有名な爆弾製作者が、自ら爆弾を仕掛けようとする度に
何故か旅人と灯衣が現れて・・・

「雪の道」
雪路の過去と、旅人との出会いと、灯衣ちゃんとの出会いが描かれてます。

「夢のぬくもり」
雪路が見つけた新聞記事の中にあった苗字。
同じ記事の中にあった、白石刑事の名前。これは偶然なのか?
刑事は過去の事件絡みで旅人に目をつけ調べ始めるが・・・


ぬおぉ~~~やはりまとめ買いしててよかったぁ~!!
前作読んだ時も、続きが気になったけど、今回は
絶対に待てない!待ちたくない!
この「つづき」みたいな終わり方は勘弁して欲しいわぁ
リアルタイムで読んでたら、相当のストレスだったと思うわよ
こういうのは薬屋の1章の最終巻以来だわ。

コンビを組んでいる旅人と雪路。
雪路って苗字だったのねぇ~(^◇^;)
やはり本作のメインは雪路の過去の話と、旅人との出会いでしょう。
雪路が色んなところで顔が利く理由もわかる。
決して近づいてはならない暴力団員:熊谷。
亡くした兄。その兄を思い起こさせる旅人。
旅人の過去を何も知らない雪路。
けれど全てを知った時、旅人との別れを予感している。

そして、旅人が抱える闇。
決して立ち入りを許されない旅人の部屋。
彼の出会いは全て仕組まれたものだった?
雪路の想い。陽子先生の想い。迫り来る白石刑事。
そして・・・

「僕がいなくなることで誰も傷つかなければいいのだけど」

それぞれの想いが温かくて切なくて哀しくて・・・
自分の感情をどうしていいのかわからないぃ~(((p(>o<)q)))

どうやら次でシーズン1が終わりらしい。
もう読んでます。
待てませんってば!

★★★★+

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック