パンドラの鳥籠: 毒草師/高田崇史


パンドラの鳥籠: 毒草師 (新潮文庫)
新潮社
2015-09-27
高田 崇史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パンドラの鳥籠: 毒草師 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:382p
発売日:2015年10月

丹後半島で二年前、生薬学者が姿を消した。
地域には三百歳の魔女が棲むといわれる洋館があり、
首なし死体も発見されている。
編集者・西田真規は、薬学の鬼才にして唯我独尊博覧強記の
毒草師・御名形史紋、その助手の神凪百合と共に謎を追う。
浦島太郎の「玉手箱」とギリシャ神話「パンドラの箱」がリンクする時、
謎に繋がる一筋の道が現れる。知的スリルに満ちた歴史民俗ミステリ。
---------------------------
ノベルズ版で揃えたかったので、ずーっと待ってたのに
すっ飛ばして文庫が出てしまった。
それでも待ち続けていたのだが、いいかげん待ちくたびれた。
シリーズ本は、きれいに揃えたいという個人的な拘りを
打ち砕かれた気分ですわ(-。-;)

シリーズ3作目
医療関連の出版社を訪れた美女が、行方不明になった生薬学者の叔父を
探してほしいと依頼してきたことから話は始まる。
何故、出版社に?と思うのも当然だが、そこは一ノ関先生の紹介で、
御名形史紋の力を借りたいということで、この毒草師と唯一親しく?
している西田が連絡役になるのは当然の流れでもある。
あぁ~哀れな西田君・・・
惚れっぽいのが仇となり、きっとまた不幸が襲い掛かる・・・

が!隣の住人である史紋の部屋を訪ねようとした時
なんと、前作の登場人物で、これまた美人で史紋の助手になった
神凪 百合がいた!!
そして、三百歳の魔女が棲むといわれる洋館の話に
史紋が食いついた!
その地域では、首なし死体が発見されており
その謎を含めて捜査に向かうのだが・・・

ってことで、何が気になっていたかというと、
それはもちろん、前作の最後でいきなり史紋の助手になった
神凪 百合のことよ!
でもまぁ~史紋のことだから、当然というか
色っぽい話は全くなかった(^◇^;)ちょっと安心(○ ̄m ̄)

そして、もう一つ気になっていたのが、今回の赤は
どこにもってくるのか?って話よ。
アタシも、それ使わせてほしいぃ~
いや・・・久しぶりのキャラ萌えですからね(^◇^;)

今回の話は、いつもとはちょっと違っていて
謎解きというよりは、蘊蓄の嵐ってところかしら?
首なし死体の犯人も、話の流れで普通にわかっちゃうし
その理由も、史紋がサクッと解説してるし。

それよりも、浦島太郎伝説の蘊蓄がすごかったぁ~
あれもこれも、浦島太郎に繋がるってのに驚いた。
でも、時の権力者によって、都合よく話が作られているってのは
とっても納得いったわ。
歴史は勝者によって作られるっていうのは、昔からの事で
これは自分の先祖のことを考えたら、ごもっともな話で
どうしても残したい事は、関係者だけがわかるように
民話や伝説といったものに形を変えて、受け継がれる。
まさに歴史民俗ミステリ!

日本の昔話って、名前が非常に面倒臭いから覚えられないけど
とにかく驚いた。
神社での参拝にすら、権力者は姑息な手を使っている。
気付いてる人って、いるのかなぁ~(-。-;)
そして特に深いと思ったのが、浦島太郎の「玉手箱」と
ギリシャ神話「パンドラの箱」だったりする。
渡す側の意識というのを考えたことがなかったけど
深いわぁ~!!

今回は、蘊蓄話に大満足でした。
そういえば、西田君は、今回も暴走して危ない目にあってました。
これはもう、お約束ですかね(^◇^;)
っていうか、哀れだぁ~
がんばれ西田君!君の不幸があってこそ、アタシが史紋を楽しめる。
更なる不幸を期待してます(○ ̄m ̄)

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック