秋の牢獄/恒川光太郎


秋の牢獄 (角川ホラー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-09-25
恒川 光太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 秋の牢獄 (角川ホラー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ページ数:217p
発売日:2010年09月

11月7日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。
朝になれば全てがリセットされる日々。
この繰り返しに終わりは来るのか──。
表題作他2編を収録、圧倒的な切なさと美しさに満ちた傑作中編集。
------------------------------
秋というか、晩秋というか、この時期にはちょうどいい作品?
いやいや・・・心が乾燥してきたら、恒川作品を読む。
本当に裏切らない作家さんですよぉ~

「秋の牢獄」
  タイムリープものです。
  たまたま前回、いやぁ~なタイムリープものを読んだので
  またか?と思ったけど、さすが恒川氏。
  11/7を何度も繰り返している女子大生。記憶を残したまま
  朝には全てがリセットされている。
  そのうち、タイムリープ仲間が結構いることに気づくのだが
  北風伯爵とあだ名される謎の存在が出現すると、仲間がいなくなる。
  藍はタイムリープを抜け出せるのか?
  
「神家没落」
  春の夜、ほんの気まぐれに公園を抜けようとしたら
  古ぼけた民家に迷い込んでしまった。
  翁の面を被った家主は、青年を跡取りに指名すると消えてしまう。
  外に出ようにも出られない、家に囚われてしまった。
  自分の身代わりを立てないと抜けられない。
  決められた場所を定期的に巡っている古民家に
  前の家主と知り合いの人たちが各地で訪ねてきたり
  迷い込んだり・・・
  青年が身代わりに選んだのは・・・

「幻は夜に成長する」
  客から地獄を聞かされて、御簾を通して癒しの幻を見せる。
  そんな逃げ場のない毎日の中でリオは心に怪物を育てる。

  幼いころ、祖母と信じた人から幻を見せる力を使うことを教わる。
  祖母だと思っていたのは、とある教団の教祖だった。
本当の家に戻り、普通の生活を取り戻したはずだったが
  元教団関係者に拉致され、囚われの身となり・・・
  

それぞれの牢獄
牢獄というだけでイメージはよくないのだが、
3篇それぞれの牢獄に囚われた主人公が牢獄の中で何を考え
行動して、結果どうなったかというお話なのですが
主人公たちは何の罪を犯したわけでもなく囚われる
ある日突然訪れる怪異

あぁ~この世界観が恒川氏
ホラーというより幻想小説でしょう。
ホラー系もあるけれど(^◇^;)
その過程も結末すらも、想像を上回っていて、余韻を残します。
短編で読みやすく、あっという間に不思議な空間に
足を踏み入れた気になります。
やはり定期的に補充したくなります。

★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック