呪われた天使、ヴィットーリオ


呪われた天使、ヴィットーリオ
扶桑社
アン・ライス

ユーザレビュー:
ルネッサンス好きの人 ...
ルネサンスイタリア、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



トスカナ地方の領主の息子で、天使を思わせる美少年ヴィットーリオ。
幼いときからメディチ家の支配するフィレンツェでルネサンス文化を浴びて
成長した彼は、父の城で騎士としての修練にも励んでいた。
だがあるひ、城を残虐なヴァンパイア集団が襲った。
彼らはヴィットーリオの一族を皆殺しにするが、何故か美貌の女ヴァンパイアは
彼の命を救った・・・。
人間としての生を捨て、悪魔達への復讐を誓った少年が闇の種族に身を投じた経緯を語る。


ヴァンパイアクロニクルズ最新版
おなじみのルイやレスタトのヴァンパイア達とは別の闇を生きるヴァンパイアの物語
どこかで、ルイやレスタト達と出会う瞬間を期待してしまうのは私の儚い希望である。
1400年代ルネサンス期のフィレンツェの様相と、画家の手から描かれる絵画の
素晴らしさを細かい描写で表現しているのが嬉しい。
☆☆☆

"呪われた天使、ヴィットーリオ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント