殺人鬼フジコの衝動/真梨幸子


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
徳間書店
2011-05-07
真梨幸子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、
新たな人生を歩み始めた十歳の少女。
だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。
人生は、薔薇色のお菓子のよう…。
またひとり、彼女は人を殺す。
何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか?
あとがきに至るまで、精緻に組み立てられた謎のタペストリ。

10数名を殺害した伝説の鬼女。
彼女はなぜ罪を犯したのか。
ラストで恐るべきどんでん返しが待ち受ける戦慄のミステリ。
------------------------
画像←参加してます

テーマ読み7人目のヒロインは、フジコです。

これをヒロインと言っていいのか?
確かに女だし、タイトルにもなってるからしょうがないけど
ヒロインという言葉のイメージとかけ離れて過ぎている。

最初にこの本を知ったのは恵さんのブログ
タイトルがスゴイからねぇ~
気にはなっていたんだけど、運良くテーマ読みに
引っかかってくれたので読んでみたのだが・・・
( ̄ヘ ̄;)ウーン

小学校5年生で学校でのイジメと、優等生による暴力?虐待?
更に親の育児放棄?虐待?
八方塞というのは、こういう状況を言うのだなって
何気に思ってしまった。
どこを向いても地獄。自分を守るために色んな事を我慢して
そんな自分を正当化しようと幼い頭で考える。
そこから学び取った事が、まともであるはずがない。
歪むなという方が無理な話だ。

「はしがき」と「あとがき」で驚かせようとしてるんだろうけど
最初の方を読んでいて、違和感バリバリだったから
驚きもしなかった。
っていうか、普通に考えて、真っ先に疑われるでしょ。
まぁ~虐待の描写と、歪んだ心理描写に気を取られて
サラっと流してしまっても不思議じゃない。
ある意味、洗脳に近いものも感じたなぁ~
おっと、ネタバレになりそうですね(^◇^;)

最後の方では、あまりにも簡単に殺しちゃうもんだから
出来損ないのホラー映画みたいでした。
ただ、文章が読みやすい。
テンポも展開も速いので、ついつい追いかけるように
読みきってしまった。
読後感は最悪である。

他にどんな作品を書いているのか気にはなる。
なんせ読みやすいから。
こういうのが怖いのよねぇ~(^◇^;)

★★★

"殺人鬼フジコの衝動/真梨幸子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント