テーマ:『な行』その他の作家

舞面真面とお面の女/野崎まど

舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)アスキーメディアワークス 野崎 まど Amazonアソシエイト by 発行年月:2010年04月 サ イ ズ:269P 15cm 工学部の大学院生・舞面真面は、ある年の暮れに 叔父の影面からの呼び出しを受け、山中の邸宅に赴く。 そこで頼まれたこととは、真面の曽祖父であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕貫探偵、残業中/西澤 保彦

腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)実業之日本社 2012-06-05 西澤 保彦 Amazonアソシエイト by 発行年月:2012年06月 サ イ ズ:361P 16cm 「市民サーヴィス臨時出張所」で、市民の相談に乗る 腕貫着用の男。 明晰な推理力を持つ彼のもとへは、業務時間外も 不可思議な出来事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。/永嶋 恵美

泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)徳間書店 2010-11-05 永嶋 恵美 Amazonアソシエイト by 「あなたの恋人、友達のカレシ、強奪して差し上げます」。 こんな広告を見て、半分疑い、半分救いを求めながら、 オフィスCATに電話する女性たち。 でも、オフィスCATの皆実雛子(みなみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連続殺人鬼 カエル男/中山七里

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)宝島社 2011-02-04 中山 七里 Amazonアソシエイト by 史上初! 最終候補にダブルエントリーされ、「こっちを読みたい!」 という声が続出した話題作。 『さよならドビュッシー』『おやすみラフマニノフ』に続く中山七里の最新刊。 『このミス』ファン待望の作品が、満を持して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫は知っていた―仁木兄妹の事件簿/仁木悦子

著者/訳者:仁木悦子/〔著〕 出版社名:ポプラ社 (ポプラ社) 発行年月:2010年03月 サイズ:302P 15cm 販売価格:620円 時は昭和、植物学専攻の兄・雄太郎と、音大生の妹・悦子が 引っ越した下宿先の医院で起こる連続殺人事件。 現場に出没するかわいい黒猫は、何を見た? ひとクセある住人たちを相手に、推理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使などいない/永井するみ

天使などいない (光文社文庫)光文社 永井 するみ Amazonアソシエイト by いつも他人のものばかり欲しがる幼なじみに 悩まされ続けたOLが、最後に打った手は……? 恋にも仕事にも疲れ果てた女性が、地下鉄で見かけた 華やかなビジネスウーマンの後をつけ、 見てしまった“素顔”とは……? 天使なんかじゃない、等身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の大好きな探偵/仁木悦子

私の大好きな探偵―仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)ポプラ社 仁木 悦子 Amazonアソシエイト by 初めての作家さん♪ ブロ友さんが面白そうに読んでいて、 更にカバーイラストがメッチャ好みだったので 『猫は知っていた―仁木兄妹の事件簿』と一緒に購入。 仁木兄妹シリーズというそうです。 草食系?の兄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚無への供物 下/中井英夫

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)講談社 中井 英夫 Amazonアソシエイト by 「アンチ・ミステリー」な推理小説の金字塔 氷沼家の周辺で次々と起こる謎の事件、くり返される密室殺人、 謎解きのためのキーワードの数々、多彩な仕掛け?? 最後に明かされる犯人の意外な真実とその重み。 -------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚無への供物 上/中井英夫

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)講談社 中井 英夫 Amazonアソシエイト by 昭和二十九年の洞爺丸沈没事故で両親を失った蒼司・紅司兄弟、 従弟の藍司らのいる氷沼家に、さらなる不幸が襲う。 密室状態の風呂場で紅司が死んだのだ。 そして叔父の橙二郎もガスで絶命。殺人、事故? 駆け出し歌手・奈々村久生らの推…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神のロジック・人間のマジック/西澤 保彦

神のロジック 人間(ひと)のマジック (文春文庫)文藝春秋 西澤 保彦 Amazonアソシエイト by 生徒はたったの6名で、実習の中味は犯人当て。 アメリカ南部とおぼしき荒野のただ中にある謎の“学校”。 やがて1人の新入生が“学校”にひそむ“邪悪なモノ”を 目覚めさせてしまう。 ------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二の悲劇/法月綸太郎

二の悲劇 (ノン・ポシェット)祥伝社 法月 綸太郎 ユーザレビュー:作中の法月綸太郎は… ...「きみ」と呼びかける ...ユーミンの卒業写真法 ...Amazonアソシエイト by <都内のマンションでOL殺される> 顔を焼かれて酷いこの事件は当初、単純な怨恨殺人と見られた。 三角関係にあったルームメイトの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇にピアス

蛇にピアス (集英社文庫)集英社 金原 ひとみ ユーザレビュー:進まないのが現代的過 ...文学とは?この小説っ ...筆力も魅力もないテー ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 「スプリットタンって知ってる?」そう言って、 男は蛇のように二つに割れた舌を出した──。 その男アマと同棲しながらサディスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の系譜1 竜の封印

神の系譜〈1〉竜の封印 (トクマ・ノベルズ)徳間書店 西風 隆介 ユーザレビュー:本作だけでは判断しか ...認知科学仮説にハマリ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 京極作品が好きな人にお勧めと書かれてたので購入したけど ちょっと好みではないのかな・・・ ミステリーミステリーしてないです。 キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more