テーマ:『や行』その他の作家

折れた竜骨 上下/米澤穂信

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 折れた竜骨 下 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by ページ数:290p 発売日:2013年07月 ページ数:264p 発売日:2013年07月 ロンドンから出帆し、波高き北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋期限定栗きんとん事件 上下巻/米澤穂信

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、 ぼくの幸せな高校生活は始まった。 学校中を二人で巡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期限定トロピカルパフェ事件/米澤穂信

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 発行年月:2006年04月 サ イ ズ:246P 15cm 小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を 獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては 断固として回避の立場を取るべし。 賢しらに名探偵を気取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春期限定いちごタルト事件/米澤穂信

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 発行年月:2004年12月 サイズ:251P 15cm 小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが 互恵関係にある高校一年生。 きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。 それなのに、二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵・日暮旅人の贈り物/山口幸三郎

探偵・日暮旅人の贈り物 (メディアワークス文庫)アスキーメディアワークス 2011-10-25 山口 幸三郎 Amazonアソシエイト by 発行年月:2011年10月 サ イ ズ:292P 15cm 目に見えないモノを“視る”能力を酷使し、倒れた旅人。 陽子と灯衣は夜通し看病するが、2人が目覚めた時、 旅人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵・日暮旅人の忘れ物/山口幸三郎

探偵・日暮旅人の忘れ物 (メディアワークス文庫)アスキーメディアワークス 2011-07-23 山口 幸三郎 Amazonアソシエイト by 発行年月:2011年07月 サ イ ズ:287P 15cm 音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み?。 目に見えないモノを“視る”ことができる探偵・日暮旅人は、 名字の違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵・日暮旅人の失くし物/山口幸三郎

探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫)アスキーメディアワークス 2011-01-25 山口 幸三郎 Amazonアソシエイト by 探偵・日暮旅人には不思議な力がある。 音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み―。 これら目に見えないモノを、“視る”ことができるのだ。 その力を使い、旅人は『探し物探偵事務所』を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クドリャフカの順番/米澤穂信

クドリャフカの順番 (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 発行年月:2008年05月 サイズ:393P 15cm 待望の文化祭が始まった。 だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。 手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。 部員が頭を抱えるそのとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚者のエンドロール/米澤穂信

愚者のエンドロール (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 発行年月:2002年08月 サ イ ズ:254P 15cm 「折木さん、わたしとても気になります」 文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て 千反田えるが呟いた。 その映画のラストでは、廃屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵・日暮旅人の探し物/山口 幸三郎

探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)アスキーメディアワークス 2010-09-25 山口 幸三郎 Amazonアソシエイト by 発行年月:2010年09月 サ イ ズ:287P 15cm 保育士の山川陽子はある日、保護者の迎えが遅い園児・ 百代灯衣を自宅まで送り届ける。 灯衣の自宅は治安の悪い繁華…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠野物語/柳田国男

遠野物語 (新潮文庫)新潮社 柳田 国男 Amazonアソシエイト by 発行年月:1992年00月 サ イ ズ:144P 16cm 日本民族学のメッカ遠野郷は現在の岩手県遠野市周辺にあたる。 本書は、その遠野地方に、今なお語り伝えられている山男、山女 天狗、オシラサマ、オクナイサマなどの民間信仰、異聞怪談に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリカ 女性秘匿捜査官・原麻希/吉川 英梨

エリカ 女性秘匿捜査官・原麻希 (宝島社文庫)宝島社 2013-01-10 吉川 英梨 Amazonアソシエイト by 至上最凶の犯罪脚本家、通称“背望会リクルーター"を逮捕する という使命を受けた警視庁捜査一課所属刑事・原麻希。 彼女の元に、河川敷でリクルーターの自殺体があがったとの連絡が入る。 他殺を疑い、捜査を進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰陽師/夢枕 獏

陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)文藝春秋 夢枕 獏 Amazonアソシエイト by 平安時代。闇が闇として残り、人も、尾にも、もののけも、 同じ都の暗がりの中に、時には同じ屋根の下に、 息をひそめて一緒に住んでいた。 安倍晴明は従四位下、大内裏の陰陽寮に属する陰陽師。 死霊や生霊、鬼などの妖しのものを相手に 親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンデレラの五重殺/吉村 達也

シンデレラの五重殺 (光文社文庫)光文社 吉村 達也 Amazonアソシエイト by 嵐の夜、悪魔は18歳の美少女スター松永栞に襲いかかった。 毒殺、絞殺、撲殺、刺殺、溺殺。 彼女は一瞬にして五通りの方法で殺され、その直後に悪魔は マンション四階の部屋から忽然と姿を消した。 謎に包まれた五重殺の解明に捜査一課の田丸警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抱き桜/山本音也

抱き桜 (小学館文庫)小学館 山本 音也 ユーザレビュー:読後、人にやさしくな ...Amazonアソシエイト by 昭和三十年七月。夏休みのある朝、小学四年生の広之と 大阪から夜逃げしてきた家の子・勝治が出会った。 ふたりの無邪気な友情は、親たちの抱える複雑な情と 事情に流されて、ひりひりとした切なさを帯びていく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13人目の探偵士/山口雅也

13人目の探偵士 (講談社文庫)講談社 山口 雅也 ユーザレビュー:《キッド・ピストルズ ...幻想の探偵譚 もとも ...ミステリ・ファン垂涎 ...Amazonアソシエイト by 奇妙な童謡を模して、探偵ばかり狙う殺人鬼・猫(キャット) 残忍かつ狡猾な見立て殺人は、13人目の犠牲者に向け 研ぎ澄まされていった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷菓/米澤穂信

氷菓 (角川スニーカー文庫)角川書店 米澤 穂信 ユーザレビュー:ふつうの学園もの「古 ...氷菓とは? 最近すご ...日常の謎いわゆる日常 ...Amazonアソシエイト by いつのまにか密室になった教室。 毎週必ず借り出される本。 あるはずの文集をないと言い張る少年。 そして『氷菓』という題名の文集に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歓喜月の孔雀舞/夢枕獏

この街でなら、どのような奇跡があろうとも 不思議はないような気がした。 形見の“螺旋”—アンモナイトの化石を手に、 異国の地で死別した女の故郷を訪ねる男。 魂月法とはいったい何か? 表題作ほか、全七篇を収録。 傑作幻想ホラー小説集。 ------------------ 表題作の他に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドグラ・マグラ 上・下

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)角川書店 夢野 久作 ユーザレビュー:夢野久作という天才文 ...夢野久作がみた夢がベ ...思考させられる本ずい ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 「幻怪、妖麗、グロテスク、エロティシズムの極」とうたわれ これを読む者は、一度は精神に異常をきたす ということで読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマイラ・吼(こう)シリーズ

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)朝日新聞出版 夢枕 獏 ユーザレビュー:魂、半分持って行かれ ...え==前に出た でか ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ キマイラシリーズ・・・ 20年以上前に書きだした作品で、未だに続いています。 小田原の西城学院に入学した大鳳吼(おおとり こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more