テーマ:長野まゆみ

ユーモレスク/長野まゆみ

ユーモレスク (ちくま文庫)筑摩書房 長野 まゆみ Amazonアソシエイト by 真哉は、隣家から聞こえてくるユーモレスクが好きだった。 6年前に行方不明になった弟。 それ以来、隣家は「近くて遠い」場所だった。 しかし、物語は、再びゆっくりと動き始める。 隣家のすみれさんの死。その弟・文彦との再会。 彼の教え子で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あめふらし/長野まゆみ

あめふらし (文春文庫)文藝春秋 長野 まゆみ Amazonアソシエイト by きみがそうやって生きているのは、おれがまだ タマシイをつかまえているからなんだぜ― ウヅマキ商會を営む橘河にタマシイを拾われた岬。 蛇を捕まえたり、昭和32年生まれの少年に傘を届けたり、 アルバイトとして様々な雑事を引き受けるが、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天球儀文庫/長野まゆみ

天球儀文庫 (河出文庫)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:友情とは…昔作品社か ...作品はいいのですが・ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ケンタウリ・プロキシマ。 “星の名前”を教えてくれた宵里という名の少年は、 いつもアビを魅了してやまない。 ソォダ水のはじける音、天使の枕、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫道楽/長野まゆみ

猫道楽 (河出文庫)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:星の数ほど表紙買い、 ...描写力がすばらしい学 ...ネコになった人々「猫 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 学生課で紹介された猫シッターのアルバイトで、 一郎は“猫飼亭”なる屋敷を訪れる。 家主とその美しい兄弟の奇妙な注文に応えるう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よろづ春夏冬(あきない)中/長野まゆみ

よろづ春夏冬(あきない)中 (文春文庫)文藝春秋 長野 まゆみ ユーザレビュー:幻想的な短編集お話は ...長野さんの世界パート ...透明感のあるお話長野 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 希いを叶える貝殻細工の小箱から… 置き薬屋が残した試供品の酔い止めから… 朝顔市で買った夕顔の鉢植えから… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏期休暇

「きっと、兄はあの帽子を持って来てくれる。」 ―千波矢が初めて兄の幻影と出逢ったのは、 一羽の鳶の比翼が岬の空家の庭から 帽子を舞い上げた夏の一日だった。 空家に住み始めた少年や仔犬との交流を描く 千波矢が幼い頃住んでいた筈の岬の洋館。 そこで夕暮れ時の一瞬しか会えない兄 薄れゆく兄の姿に焦りを感じ始めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄弟天気図

兄弟天気図 (河出文庫―文芸COLLECTION)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:懐かしくて美しい兄さ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 水天宮の段々坂に鈴の音が鳴ると、 ぼくの兄さんとよく似た少年が現れる。 歳の離れた姉さんは言う。 ぼくには六歳で死んだもう一人の兄がいたのだと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然理科少年

天然理科少年 (文春文庫)文藝春秋 長野 まゆみ ユーザレビュー:ノスタルジーにひたろ ...夏休みの読書感想文用 ...うーん…あまり面白く ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 放浪癖のある父のせいで 各地を転々として過ごしてる少年・岬が たどり着いた山間の町で出逢った小柄な少年・賢彦。 岬が通う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賢治先生

賢治先生 (河出文庫〔文藝コレクション〕)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:タイムリー星はあくま ...銀河鉄道で少年は初め ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 少年たちを乗せた汽車は、ひたすら闇のなかを疾ります… ケンタウリ祭の晩に汽車に乗ったジョヴァンナとカンパネッラ。 大切な人を探す旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚たちの離宮

迎え火は兄さんのために、 送り火はぼくらのために…。 幽霊に魅せられた少年たちの ミステリアス・ファンタジー 大きな旧家に暮らす友人の夏宿(かおる)と 夏宿を愛してやまない弟の弥彦。 “退院”した夏宿を訪ねて自宅を訪れる市郎。 夏宿はとうに死んだと言うくせに、 夏宿が生きているように接する弥彦。 何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜啼く鳥は夢を見た

子供たちが沈んでいる、と云われる 美しい沼のほとりに建つ一軒の家。 そこで祖母と2人きりで暮らしている 従兄の草一を、紅於と頬白鳥の兄弟が訪れる。 沼の底へと誘う青い鳥を追って消えた 少年たちの愛を描く水紅色の物語 沼に魅せられ沈みたいと願う頬白鳥と 沼を恐れる草一。 そんな二人に苛立つ紅於 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊覧旅行

遊覧旅行 (河出文庫―文芸コレクション)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:旅行に行きたい!京都 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 京都・神戸を舞台にした、幻想的な旅行記と 長野ワールドおなじみの短編集。 この本を読むと、旅行先で、気まぐれに ブラブラと何も考えないで歩いてみるのもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくはこうして大人になる

ぼくはこうして大人になる (新潮文庫)新潮社 長野 まゆみ ユーザレビュー:良いです私が長野まゆ ...ちょっとなあ…長野さ ...今一気に読み終えまし ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 幻想的な作品のみを読んでいる人は戸惑うかも・・・ 優等生であり続けることと、そこに生じる虚無感。 頼られる存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉱石倶楽部

鉱石倶楽部 (文春文庫)文藝春秋 長野 まゆみ ユーザレビュー:ふと買ってみたのです ...脱帽です。この本を読 ...ジャケ買いでも失敗無 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 放課後の理科室で古びた図鑑を見つけた少年は、 不思議な夜間学級に出席する ―ファンタジー短篇「ゾロ博士の鉱物図鑑」を収録。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩の栖(はとのすみか)

鳩の栖(すみか) (集英社文庫)集英社 長野 まゆみ ユーザレビュー:ガラス細工のような『 ...少年短編集今や美少年 ...硝子のように繊細な物 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 水琴窟という、庭先に水をまくと珠をころがすような 安らかな音が鳴る仕掛け。 操がそれを初めて知ったのは至剛の家の庭だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏帽子

夏帽子 (河出文庫―文芸COLLECTION)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:紺野先生 一年のお便 ...心に残る話魅力的な理 ...きれいで優しい夏帽子 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 先生、今度は何処の学校へ行くのだろうね・・・ 紺野先生は臨時の理科教師。白い夏帽子に旅行鞄。 任地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙百貨活劇

宇宙百貨活劇(ペンシルロケット・オペラ) (河出文庫―文芸コレクション)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:不思議な世界宮沢賢治 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ミケシュとロビンは双子、ふたりのどちらが兄で弟か・・・ 答えは本の中に・・・ 不思議な出来事の中で、ケンカしたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の船でゆく

月の船でゆく (光文社文庫)光文社 長野 まゆみ ユーザレビュー:またティコに会いたい ...古都を舞台にすごくお ...少年の体温山口マオさ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 17歳のジャスは下宿に一人暮らしする高校生。 彼は、冬のはじまりのある日、ティコという少年と出逢う。 少年はパパのために誂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海猫宿舎

海猫宿舎 (光文社文庫)光文社 長野まゆみ ユーザレビュー:長野まゆみの虚の世界 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 「こんど“海猫宿舎”で教えることになったんだよ。 つまり、きみたちの先生というわけさ。」 体が弱く都会では暮らしていけぬ少年たちが、 療養し勉強する“海猫宿舎”。 そこに青い睛のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンパネルラ

「兄さん、あの署名・・・あれはどう云う意味。 自分の名前を記せばいいのに。」 緑に深く埋もれた祖父の家で、ひとり療養する兄の夏織(かおる)。 気怠い夏の空気の中、弟の柊一は夏織の秘密の隠れ処を見つけ出そうと 川を遡っていった・・・。 現実逃避をしたくなると、読みたくなるのが長野まゆみ。 長野ワールドに浸っている間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校ともだち

学校ともだち (河出文庫―文芸コレクション)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:本物よりリアルな“学 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 第六学級B組での新しい学年を記念して、オズ先生の提案で 始められた学級日誌。 終わり行く世界の中で夢み、成長する学校ともだちの一年間を 少年達自信の言葉で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

螺子式少年(レプリカキット)

行方不明の野ば茨を探して、百合彦と葡萄丸は 「仔犬座(プロキオン)サーカス団」を訪ねた。 そこには野茨そっくりの少年がいた・・・ 近未来世界を舞台に、本物とは何かを求めて繰り広げられる ファンタジー ---------------------- 自治区・氷の塔に暮らす百合彦は、友人の野茨に 宇宙港へ呼び出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳猫風信社

耳猫風信社 (光文社文庫)光文社 長野 まゆみ ユーザレビュー:児童書のような雰囲気 ...耳猫風信社。長野まゆ ...町の匂いちょうど地元 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 11歳になったぼくは、日記帳を買うと決意し、 境界を越えて隣町に足を踏み入れた。 古めかしい、それでいて何故か懐かしい風景の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若葉の頃

若葉のころ (集英社文庫)集英社 長野 まゆみ ユーザレビュー:言うことなし!「白昼 ...またまた浸ってしまい ...期待以上でした!久々 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ もう、逢うべきぢゃない。 氷川への断てない思いを抱える凛一。 三年ぶりに帰国した有沢。傷が癒えない正午。 そして、祖母か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼等

彼等 (集英社文庫)集英社 長野 まゆみ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 東京で受験生としての日々を送る凛一。 京都の大学でフットボール部の主力選手として活躍する氷川。 遠く離れていてもこの思いは伝わっているはず― そう信じていた凛一だったが、京都を訪れた折りに、 氷川の意外な姿を見てしまう…。 絡み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碧空(あをぞら)

碧空 (集英社文庫)集英社 長野 まゆみ ユーザレビュー:よかったです凛一シリ ...凛一シリーズ第二作。 ...お気に入りです。とて ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 出会いから1年を経て、高等部に上がって新聞部で 写真を撮り始めた凛一は、京都の大学へ入学し フットボールで活躍を続ける氷川を思いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白昼堂々

白昼堂々 (集英社文庫)集英社 長野 まゆみ ユーザレビュー:おなかがちくちくする ...純粋な恋愛内容を確認 ...もう戻れない…高校時 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 由緒ある華道の家元の、若き跡継ぎである凜一は、 従姉・省子の身代わりになったことから、その男友達 で フットボール部のエース氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至南風 カーチィベイ

夏至南風(カーチィベイ) (河出文庫―文芸コレクション)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:何回も読み返していま ...残酷な美しさ南国の、 ...一番スキ!!長野作品 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 海藍地(ハイランデイ)の街に夏至南風が吹いてくると、果実は腐り、 少年達の死体が運ばれてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビジョン・シティ 上・下

テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)河出書房新社 長野 まゆみ ユーザレビュー:難解さを乗り越えた先 ...印象的奥が深い。最初 ...近未来が舞台の・・・ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ パパとママが住むという「碧い惑星」を信じ、 ビルディングからの脱出を夢見るアナナス。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜間飛行

月はもう沈み、夜空には満天の星が燦めき、 海には星の光が静かに映っていたのだけれど、 突然、ぼくたちの眼の前で、海面がせり上がり、 檸檬色の潜水艇が現れた。 ぼくたちはそれに乗り込んだが、これは本当は何なんだろう。 燦めく宙空に紡がれるスペース・ファンタジィの傑作。 -------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more