テーマ:海外作家

一角獣の殺人/カーター・ディクスン

一角獣の殺人 (創元推理文庫)東京創元社 カーター・ディクスン Amazonアソシエイト by 訳:田中潤司 ページ数:350p 発売日:2009年12月 パリで休暇を楽しむケン・ブレイクは、美女イヴリンとの再会により、 “一角獣”をめぐる極秘任務に巻き込まれた。 そして嵐の中たどり着いた『島の城』では、目撃者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオン・レイン/ジェイムズ・リー・バーク

ネオン・レイン (角川文庫)角川書店 ジェイムズ・リー バーク Amazonアソシエイト by 発行年月:1990年10月 サ イ ズ:391P 15cm ニュー・オーリンズには雨が多い。 メキシコ湾から吹き上げる風が、湖沼地帯を湿らせる。 湖沼に黒人女の死体が浮かんだ。 第一発見者はデイヴ・ロビショー―ニュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ん坊は川を流れる /エルスベツ・イーホルム

赤ん坊は川を流れる (創元推理文庫)東京創元社 エルスベツ・イーホルム Amazonアソシエイト by 訳:木村 由利子 発行年月:2015年02月 サ イ ズ:471P 15cm 離婚して学生時代を過ごした町に戻った新聞記者ディクテ。 彼女の誕生日を祝いオープンカフェで盛り上がっていた時、 目の前の川に桶に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水底の骨/アーロン エルキンズ/訳:嵯峨静江

水底の骨早川書房 2014-05-22 アーロン エルキンズ Amazonアソシエイト by 発行年月:2007年04月 サ イ ズ:407P 16cm 十年前、ハワイで大牧場を経営するマグナスが失踪を遂げた。 その遺骨が海の中から発見され、遺族の証言では当時のマグナスは 殺し屋に命を狙われていたという。 彼は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏への扉/ロバート・A・ハインライン

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))早川書房 ロバート・A・ハインライン Amazonアソシエイト by 発行年月:1993年01月 サ イ ズ:338P 16cm ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって 夏への扉を探しはじめる。 家にあるいくつものドアのどれかひとつが、 夏に通じていると固く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨董屋探偵の事件簿/サックス・ローマー

骨董屋探偵の事件簿 (創元推理文庫)東京創元社 サックス・ローマー Amazonアソシエイト by 訳  者:近藤麻里子 発行年月:2013年05月 サ イ ズ:333P 15cm メンジーズ博物館の怪事件で顔を合わせて以来、わたしは モリス・クロウの捜査手法をつぶさに見てきた。 事件は彼の持論をなぞるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマンダの影/キャロル・オコンネル

アマンダの影 (創元推理文庫)東京創元社 キャロル オコンネル Amazonアソシエイト by マロリーが殺された? 部下の報告で検視局に駆けつけたライカーが見たのは、 彼女のブレザーを着た別人だった。 被害者の名はアマンダ。そ の部屋に残されていたのは未完の小説原稿と描一匹。 彼女を死に追いこんだ「嘘つき」とは誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女検死官ジェシカ・コラン/ロバート・ウォーカー

女検死官ジェシカ・コラン (扶桑社ミステリー)扶桑社 ロバート・W. ウォーカー Amazonアソシエイト by 逆さ吊りにされ、大量の血液を抜き取られた若い女の死体。 片腕は落ち、乳房や性器はめった切りにされていた… 最近アメリカ中西部で連続して起きた残虐な殺人事件を追っている FBIの心理分析官オットーは、犯人のプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリオストロ伯爵夫人/モーリス・ルブラン

カリオストロ伯爵夫人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房 モーリス・ルブラン Amazonアソシエイト by 訳  者:平岡敦 発行年月:2005年08月 サ イ ズ: 404P 16cm 世紀の怪人物の末裔を称し、絶世の美貌で男たちを魅了する カリオストロ伯爵夫人ことジョジーヌ。 彼女は権謀術数を駆使する怪人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンデレラの罠【新訳版】/セバスチャン・ジャプリゾ

シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)東京創元社 セバスチャン・ジャプリゾ Amazonアソシエイト by 訳  者:平岡敦 発行年月:2012年02月 サ イ ズ:283P 15cm わたし、ミは、火事で大火傷を負い、顔を焼かれ皮膚移植をし 一命をとりとめたが、一緒にいたドは焼死。 火事の真相を知るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロ時間へ/アガサ・クリスティー

ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)早川書房 アガサ・クリスティー Amazonアソシエイト by 残忍な殺人は平穏な海辺の館で起こった。 殺されたのは金持ちの老婦人。 金目的の犯行かと思われたが、それは恐るべき殺人計画の 序章にすぎなかった― 人の命を奪う魔の瞬間“ゼロ時間”に向けて、着々と進められてゆく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四年後の夏/パトリシア カーロン

四年後の夏 (扶桑社ミステリー)扶桑社 パトリシア カーロン Amazonアソシエイト by 発行年月:2000年12月 サ イ ズ:307P 16cm 取扱状況: 絶版重版未定 4年前に兄を殺された女性が、私立探偵のもとを訪れ、 事件の再調査を依頼してきた。 この未解決事件の容疑者は当時ヒッチハイクをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八番目の小人/ロス・トーマス

八番目の小人 (ミステリアス・プレス文庫)ミステリアス・プレス 藤本 和子 Amazonアソシエイト by 訳  者:藤本和子 発行年月:1989年01月 サ イ ズ:456P 16cm 販売価格:714円 取扱状況:絶版重版未定 戦時中ドイツで行方不明になった富豪の息子を捜し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒュペルボレオス極北神怪譚/クラーク・アシュトン・スミス

ヒュペルボレオス極北神怪譚 (創元推理文庫)東京創元社 クラーク・アシュトン・スミス Amazonアソシエイト by 邪神シァトッグアが地底に潜み、魔物が跋扈する超古代大陸ヒュペルボレオス。 栄華を誇る首都コムモリオムが放棄されるまでの 奇怪な顛末を描く「アタムマウスの遺書」、 異端の魔術師エイボンと宿敵の対決が思わぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートシェイプト・ボックス/ジョー・ヒル

ハートシェイプト・ボックス (小学館文庫)小学館 ジョー ヒル Amazonアソシエイト by 初めての作家さんです。 ブロ友さん情報によると、この著者は あのスティーブン・キングの息子だそうです。 そういえば巻頭に「いいやつのひとり、父さんに。」と書かれてた。 なんかいいですねぇ~ もちろんホラーですとも! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして誰もいなくなった/アガサ・クリスティー

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)早川書房 アガサ・クリスティー Amazonアソシエイト by その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、 職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。 だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、 彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が…… そして無気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏡のラビリンス/ジェイン・アン クレンツ

鏡のラビリンス (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)二見書房 ジェイン・アン クレンツ Amazonアソシエイト by 出版社名:二見書房 発行年月:2005年12月 サイズ:454P 15cm これを読んでるってことは、私は死んだってことね― ある晩レオノーラの元に届いた一通のメール。 発信者は数日前事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋色の迷宮/トマス・H. クック

緋色の迷宮 (文春文庫)文藝春秋 トマス・H. クック Amazonアソシエイト by 近所に住む8歳の少女が失踪し、ひょっとすると自分の息子が誘拐し いたずらして殺したのかもしれないという不安。 自分の兄もそういう性向を持ち、事件に関わっているかもしれないという疑念― 自分をつくった家族と自分がつくった家族。 確固…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の涯の物語/ロード・ダンセイニ

世界の涯の物語 (河出文庫)河出書房新社 ロード・ダンセイニ Amazonアソシエイト by トールキン、ラヴクラフト、稲垣足穂等に多大な影響を与えた ファンタジーの源流。 いまなお魔法のきらめきを失わない特別の作家ダンセイニの 初期幻想短篇集二冊を完全収録。 盗賊サンゴブリンドに下された過酷な運命。 “絶無の都”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸血鬼カーミラ/レ・ファニュ

吸血鬼カーミラ 創元推理文庫 506-1東京創元社 レ・ファニュ Amazonアソシエイト by 正統派のホラー・ストーリーの第一人者として他を圧する レ・ファニュの選びぬかれた傑作集。 夜な夜な窓辺に現われる白い手、 姿なき復讐者にとりつかれた超自然の恐怖、 犬に化身した父親の遺志、亡霊に恋人をとられた画家の怨念、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象は忘れない/アガサ・クリスティー

象は忘れない (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)早川書房 アガサ クリスティー Amazonアソシエイト by 推理作家ミセス・オリヴァが名づけ親になったシリヤの結婚のことで、 彼女は先方の母親から奇妙な謎を押しつけられた。 十数年前のシリヤの両親の心中事件では、男が先に女を撃ったのか、 あるいはその逆だったのか?オリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

猫は手がかりを読む/リリアン・J.ブラウン

猫は手がかりを読む (ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房 リリアン・J. ブラウン Amazonアソシエイト by どんな事件が起きても不思議はない険悪な空気が町に充満していた。 新任の新聞記者クィラランは畑違いの美術担当にまわされ、 新進画家や批評家を取材してまわった。 ところが、そこに渦巻いているのは、嫉妬、中傷、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の骨/ジョナサン・キャロル

月の骨 (創元推理文庫)東京創元社 ジョナサン・キャロル Amazonアソシエイト by あたしはとっても幸せ。 この世でいちばんすてきな旦那さまがいるし、 おなかには赤ちゃんだって。 でも最近、変な連続夢を見始めた。ロンデュア、 これが夢の世界の名前。 あたしとあたしの息子のペプシ(!?)は、 五本の月の骨を探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクナーテン/アガサ・クリスティー

アクナーテン (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)早川書房 アガサ クリスティー ユーザレビュー:なんのために書かれた ...アクナーテン改革の一 ...あっと間に読める。エ ...Amazonアソシエイト by 古代エジプト第十八王朝の王アメンヘテプ四世(アクナーテン)は、 勢力を増すアメン神の神官団排除のため、太陽神アテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月と血とキスと/シャーレイン・ハリス

満月と血とキスと (集英社文庫)集英社 シャーレイン・ハリス ユーザレビュー:満月と血とキスとバン ...途中まではいいんだけ ...なかなか面白いあまり ...Amazonアソシエイト by なかなかの美人なのに、人の心が読めてしまうという“障害”のせいで、 これまで恋人ができなかったウエイトレスのスーキー。 でも、ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩胛骨は翼のなごり/デイヴィッド・アーモンド

肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫)東京創元社 デイヴィッド アーモンド ユーザレビュー:彼と赤ちゃんとミナタ ...全体の調和が美しい一 ...美しい物語一人暮らし ...Amazonアソシエイト by 引っ越してきたばかりの家。 古びたガレージの暗い陰で、ぼくは彼をみつけた。 ほこりまみれでやせおとろえ、髪や肩には …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボトムズ/ジョー・R.ランズデール

ボトムズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房 ジョー・R・ランズデール ユーザレビュー:サイコキラーものに少 ...文学作品の雰囲気すら ...ちょっと長い。1人の ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 80歳を過ぎた今、70年前の夏の出来事を思い出す 11歳のぼくは暗い森に迷い込んだ。 そこで出会った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライ麦畑でつかまえて/J.D.サリンジャー

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)白水社 J.D.サリンジャー ユーザレビュー:ノイズのない音楽読み ...ライ麦畑でつかまえて ...アンダーグラウンドこ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ インチキ野郎は大嫌い! おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、 虚栄と悪の華に飾られた巨大な人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塵よりよみがえり

塵よりよみがえり (河出文庫)河出書房新社 レイ・ブラッドベリ ユーザレビュー:残念ながらこの10年 ...錬語術!最愛なるブラ ...イメージの洪水久しぶ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 小高い丘に建つ一軒の屋敷。 住む者は、ミイラのおばあちゃん、 心を自由に飛ばす魔女セシー、鏡に映らない夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死者の書

有名な映画スターだった父を持つ主人公トーマス・アビイは 無気味な仮面を愛好する一方、謎の多い作家 マーシャル・フランスの熱狂的ファンでもあった。 同じくフランスのファンである女性と知り合い フランスの伝記を書くべく、彼が住んでいたゲイレンの町に向かう。 町に着いた早々にフランスの娘マリアと会ってしまう。 いわくつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more