テーマ:『は行』その他の作家

とくさ/福島サトル

とくさ (角川ホラー文庫)角川書店 福島 サトル Amazonアソシエイト by ページ数:335p 発売日:2004年11月 新聞記者を辞めた「私」は、御溝と名乗る琦妙な男から 秘薬ニスイについて執筆を依頼されるが、 取材相手の死など不吉な体験をする。 実は、御溝は死者の言葉を呼び返そうとしていたのだ。 庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川の深さは/福井 晴敏

川の深さは (講談社文庫)講談社 福井 晴敏 Amazonアソシエイト by 発行年月:2003年08月 サ イ ズ:398P 15cm 「彼女を守る。それがおれの任務だ」 傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。 彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、 少年を匿い、底なしの川に引き込まれてゆく。 やが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿命/東野 圭吾

宿命 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 発行年月:1993年07月 サ イ ズ:378P 15cm 高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、 苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。 男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、 奇しくも初恋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイロケーション/法条遥

バイロケーション (角川ホラー文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-10-23 法条 遥 Amazonアソシエイト by 発行年月: 2010年10月 サ イ ズ:421P 15cm 画家を志す忍は、ある日スーパーで偽札の使用を疑われる。 10分前に「自分」が同じ番号のお札を使い、買物をしたというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖/堀川 アサコ

たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)新潮社 堀川 アサコ Amazonアソシエイト by 流行歌を血で書きなぐり、情夫と共に無理心中を遂げた双子の姉。 残された姪を預けるため、帝都東京より青森弘前を訪れた幸代は、 市松人形のように長い髪を垂らす美しいイタコ、千歳と出会う。 姉の死の真相を探ろうと、幸代は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

少女禁区/伴名 練

少女禁区 (角川ホラー文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-10-23 伴名 練 Amazonアソシエイト by 15歳の「私」の主人は、数百年に1度といわれる呪詛の才を持つ、 驕慢な美少女。 「お前が私の玩具になれ。死ぬまで私を楽しませろ」 親殺しの噂もあるその少女は、彼のひとがたに釘を打ち、 あ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

この闇と光/服部まゆみ

この闇と光 (角川文庫)角川書店 服部 まゆみ Amazonアソシエイト by 失脚した父王とともに、小さな別荘に幽閉されている盲目の姫君・レイア。 優しい父と侍女のダフネ、そして父が語り聞かせてくれる美しい物語だけが、 レイアの世界の全てだった。 シルクのドレスや季節ごとの花々に囲まれた、満ち足りた毎日。 しかしレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪しい人びと/ 東野圭吾

怪しい人びと (光文社文庫)光文社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた。 その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、本田と中山にも 部屋を貸すことになってしまう。 3カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、 見知らぬ女が寝ていて…。(「寝てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっても不幸な幸運/畠中 恵

とっても不幸な幸運 (双葉文庫 は 18-1)双葉社 畠中 恵 Amazonアソシエイト by ややひねくれているけれど、料理自慢で世話好き店長のいる酒場。 今日もクセモノ常連客が、いわくつきの「とっても不幸な幸運」 の缶を持ち込んだ。 缶から現れた物がもたらしたのは「災い」? それとも「幸せ」? 「しゃばけ」シリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い夢の迷宮/勇嶺 薫

赤い夢の迷宮 (講談社文庫)講談社 勇嶺 薫 Amazonアソシエイト by 小学生だったあの頃、仲良し7人組のぼくらは 「世の中には、やっていいことと、やっておもしろいことがある」 と語る不思議な男・OGに心惹かれていた。 だが「お化け屋敷」と呼ばれる彼の館で起きた ある事件をきっかけに彼とは疎遠に。 それから2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空想オルガン/初野晴

空想オルガン角川書店(角川グループパブリッシング) 初野 晴 Amazonアソシエイト by 吹奏楽の“甲子園”普門館を目指すハルタとチカ。 ついに吹奏楽コンクール地区大会が始まった。 だが、二人の前に難題がふりかかる。 会場で出会った稀少犬の持ち主をめぐる暗号、ハルタの新居候補の アパートにまつわる幽霊の謎、県大会…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ハーメルンに哭く笛/藤木 稟

ハーメルンに哭く笛 (トクマ・ノベルズ)徳間書店 藤木 稟 Amazonアソシエイト by 上野下町界隈から、児童30名が忽然と姿を消した。 翌日は台風。さらにその翌日、墓地の草刈りをしていた僧侶・寛永が 大量の子どもの死体を発見する。帝都を襲う悪夢の事件。 驚愕の新本格推理傑作。 -----------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎解きはディナーのあとで/東川篤哉

謎解きはディナーのあとで小学館 東川 篤哉 Amazonアソシエイト by 執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理! ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、 彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、 なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。 彼は、いく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月への梯子/樋口有介

月への梯子 (文春文庫)文藝春秋 樋口 有介 Amazonアソシエイト by 知能は小学生程度だが、死んだ母親が遺してくれた小さなアパート 「幸福荘」の管理人として、平和に暮らしていたボクさんこと 福田幸男、四十歳。 ところがある日、アパートで殺人事件が起きたことをきっかけに、 ボクさんとその周辺に、驚くべき変化が起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月の夜 古池で/坂東真砂子

満月の夜 古池で (角川文庫)角川書店 坂東 眞砂子 ユーザレビュー:毒が無いからいつもの ...子ども向けのファンタ ...Amazonアソシエイト by 「満月の夜、古池で、俺たちは黒鳥になる」。 小学生の透は古池公園で人間の言葉を話すカラスに出会うが、 その直後から数々の危険に見舞われる。 透を助けてくれた老人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西行桜/火坂雅志

西行桜 (小学館文庫)小学館 火坂 雅志 ユーザレビュー:幽玄な世界へ異形のモ ...Amazonアソシエイト by 若狭小浜の領主・国枝権太夫の邸で 能を舞っていた世阿弥は ふりしきる桜から霊気をおぼえ、 禁呪の法である""反閇""を踏んだ。 領主の奥方が桜谷からこの枝垂れ桜を植え替えて以来、 奇病に伏していると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜雨/坂東眞砂子

桜雨 (集英社文庫)集英社 坂東 眞砂子 ユーザレビュー:結末を知って、もう一 ...さすが坂東眞砂子スゴ ...情念のホラーストレー ...Amazonアソシエイト by 東京の小出版社に勤める額田彩子は、幻想絵画集の 出版準備をすすめる中、一枚の絵に出会った。 闇の中を渦巻いて立ちのぼる朱色の炎、 火の粉と共に乱舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女の日本史/堀江 宏樹

乙女の日本史東京書籍 堀江 宏樹 ユーザレビュー:歴史はひとつでも、絶 ...まじめにふざけた歴史 ...サヨクによる巧妙な乙 ...Amazonアソシエイト by さよなら「おじさん史観」! 巷にあふれる「男のための日本史」にツッコミいれつつ 乙女目線で日本の歴史を読み直す、 日本初「女子のための日本史本」誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おのぞみの結末/星新一

おのぞみの結末 (新潮文庫)新潮社 星 新一 ユーザレビュー:老若男女を問わず大い ...上手い ぴりりときい ...はまる!!普通のいわ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 初めての作家さんです。 実はこの著者「ブランコのむこうで」が気になって チェックしていたんだけど、なかなか購入にまで至らず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしの鎖骨/花村萬月

わたしの鎖骨 (文春文庫)文藝春秋 花村 萬月 ユーザレビュー:ピカレスクの王道「愛 ...虚しさのこる淡々とし ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 単車で転んで彼女にケガさせた。 でも、彼女の白い肌もBMWも俺には同じ位愛しくて。 伊豆の海沿いのカーブで、歌舞伎町の路上で、 また二人きりの空間で生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆめうつつ草紙

ゆめうつつ草紙 (幻冬舎文庫)幻冬舎 原田 宗典 ユーザレビュー:「秘密」がせつなくて ...ゆめゆめうつつゆめう ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 月が雲に隠れた午前二時。 どこかで誰かが不思議な夜噺をはじめます。 秘密屋という質屋で、母親の隠し事が 高額で売られているのを見つけてしまった僕の話。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more