氷菓/米澤穂信


氷菓 (角川スニーカー文庫)
角川書店
米澤 穂信

ユーザレビュー:
ふつうの学園もの「古 ...
氷菓とは? 最近すご ...
日常の謎いわゆる日常 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。
あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして『氷菓』という題名の文集に秘められた
三十三年前の真実―。

何事にも積極的には関わろうとしない
“省エネ”少年・折木奉太郎は、
なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、
日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。
さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!
第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。
----------------

初めての作家さんです。

ミステリってのは身近に転がっている。
問題は、それを謎と捉えるか流すかの違い。

実際、最初の方で謎の提示があったのに
(・_・?) ン?と思いながらもスルーしてしまった。
他人事として読んでたからですねぇ~(^◇^;)

舞台のほとんどが学校なので、校舎の様子も
特別教室の雰囲気も実に想像しやすい。
そして大きな事件なんてのは起こりません。
なので大掛かりなトリックも殺人も無し。地味です。
なのに立派にミステリなんですよぉ~

「やらなくてもいいことなら、やらない。
 やらなければいけないことは手短に」
無駄な事は一切しない省エネ主義のホータロー
海外放浪中の姉の優しい命令で古典部に入ることに・・・
部員ゼロだった古典部は4人になり廃部を逃れる。
メインの登場人物はこの4人。
キャラの描き方がうまいので身近な謎への係わりも
ちゃんと役割分担が出来ている。

省エネ主義のホータローを振り回すのが
好奇心旺盛のお嬢様部員。名家の出です。
スルーしてしまいがちな謎にいちいち引っかかる。
その謎を理路整然と解いてしまうから更に期待される。

お嬢様の個人的な謎である失踪した伯父の残した言葉を
思い出したいという依頼をも受ける羽目に・・・
そして身近な謎は導かれるように文集「氷菓」に繋がります。
33年前に起きた事件とは?

いやぁ~面白かった♪
身近な謎なのに、ちゃんと伏線まで張られてる。
最後を読んだ時点で、そいうことかぁ~と唸ります。
伏線が一本の線に繋がる瞬間って快感ですよぉ~
読後感としては切ないんですけどね・・・

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック