グリーン・レクイエム/緑幻想 /新井 素子

グリーン・レクイエム/緑幻想 (創元SF文庫) - 新井 素子
グリーン・レクイエム/緑幻想 (創元SF文庫) - 新井 素子

子供の頃の記憶。まよいこんだ夕刻の山道。

ピアノの音を頼りに辿りついた草原の先には古びた洋館と

温室があり、そこで彼は“緑色の髪をした少女”に出会った―。

彼は長じて植物学者への道を歩み始めた。

そして彼女との再会は、彼らを思いもよらない悲劇へと導く。

著者の初期代表作にして星雲賞を受賞した「グリーン・レクイエム」と

続編「緑幻想」を併せ、初の一巻本として贈る。

------------------------

グリーンレクイエム

随分昔に、漫画を借りて読んで、すごい衝撃を受けたて
それからハードカバーで読んで・・・
考えてみたら、何度も目の前に登場しているのですよ。
続編が出た時は興奮しました。
それも最初は漫画だった気がするんだけど・・・
記憶が曖昧です(^◇^;)

植物学者の松崎の助手をしている嶋村信彦は、
長い髪の女性・三沢明日香に恋心を抱くようになる。
だが、彼女の本当の髪の色は緑色だった。
それを知った松崎は、彼女が長年捜し求めていた
「緑色の髪の人間」である事に気付き、研究材料として
施設に監禁してしまう。

激怒した信彦は明日香を連れて逃げ出すのだが
明日香の体には、重大な秘密が隠されていた。

彼らは髪の中に含まれた葉緑体による光合成によって、
生命活動が可能で、動物のような他者を捕食して
生命活動を維持する。
また、彼らと接触した植物は自らの意思を持つようになり、
動物に対して自己防衛本能を発揮するようになる。

逃げだす二人を守るように、森が追跡者を妨害する為に
自ら動いて道を塞ぐような描写にゾクゾクしました。

緑幻想

続編の『緑幻想』では、明日香の身に起こった悲劇の後に
遺された人々が、彼女からの最後のメッセージを
受け取るために屋久島に集まるまでの物語を、
前作に関与しなかった第三者である植物学の研究者
箕面夏海の視点を中心として描いている。

これも漫画だった気がするんだけど、モチロン小説も
読んでいるんだけど、最初に屋久島を知ったのは
この緑幻想でした。
大樹に埋め込まれたような人の姿が美しいと思いました。
何度も読んでいるはずなのに、やはりうろ覚えですね(^◇^;)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント